KAIS事務所までご意見ご感想をお願い致します。

事務所:住所千葉県鎌ヶ谷市富岡3-1-1

電子メール:kais_office@kamagaya-info.com

雨の匂い

 雨の季節は湿度も高くなり「ジメジメ」が続き鬱陶しい。しかし、この「雨」が農作物にとっては大切な自然の恵みとなる。「穀雨(こくう)」「喜雨(きう)」などとも言われ、私たちに大きな恵みをもたらしている。

 夏の夕立の降り始め。懐かしい匂いがしたという体験をした方も多いのでは。この匂いの正体は「ペトリコール」というもの。長い間、日照りが続いた後の最初の雨による独特の香りと定義されている。大地に溜まった、ある種の植物油が雨粒に打たれて、拡散し大気中に漂う匂いとなったもののようだ。「ペトリコール」は、ギリシャ語で岩を意味する『ペトラ』とギリシャ神話の神々の体に流れていたとされる不老不死者の血『イコル』に由来するということだ。

 

雨の匂い

Gooleサイト検索より「雨」フリー写真引用

一方、雨が降った後の臭いもある。それは、あまりいい臭いではない、カビ臭いような下水のような臭い。こちらは「ゲオスミン」と言われカビ臭の原因物質。細菌や微生物の働きによって生じるもののようで「大地の臭い」を意味する。また、雷が鳴って雨が降りそうな時にも金属的な臭いがするが、これは、雷によって発生するオゾンの匂い。

 

青空が一転して黒い雲に覆われ大粒の雨が降り出す。そんな時にふっと匂る。雨の降り始めのあの匂いは、懐かしい思い出を蘇らせる。匂いで記憶が蘇るというような脳の活動が刺激される現象はプルースト現象と言われている。

   

「香」の活用については、認知症への対応として利用されることも研究されているようだ。また、体や心のリラックスのための「アロマセラピー」なども病気への対処として積極的に使われているということだ。

   

うむっさん

市民サークル活動の案内



新着情報

介護・福祉サービス情報

保育と障害者関連情報


  • 市内小学校でのプログラミング学習体験講座「サポートボランティア募集」

    小学校でのプログラミング学習が来年度から導入されます。これに伴い、市とNPO法人かまがや地域情報の窓が連携して、小学校5年生向けのプログラミング体験学習講座を学校の授業の中で実施します。
    この体験講座をサポートするボランティアを若干名募集いたします。

    申込締め切り:7月10日、申込先:NPO法人 かまがや地域情報の窓 事務所(川俣)

  • はじめよう! ボランティア!

    ボランティア活動参加に関心をお持ちの方

    鎌ケ谷市社会福祉協議会 ボランティアセンター

  • 子ども達と一緒に遊びませんか?

    ボランティア大募集!

    NPO法人きらら

  • ボランティア募集の詳細ページ

    NPO法人きらら

  • 地域に密着した健康福祉に関する情報を提供する「健康ふくしネットかまがや」が公開されました。

    市の委託を受けて当法人がサイトの運営・管理を担当しています。

    詳細はこちら!

KAIS事務所まで
ご意見ご感想をお願い致します。

事務所:住所千葉県鎌ヶ谷市富岡3-1-1

電子メール:kais_office@kamagaya-info.com

  • 平成24年度市民提案協働モデル事業の委託を受けたサイトです。



  • はなこうネットQRコード

  • 当NPO法人では、ホームページの製作(レシポンシブルWeb対応)や、サイトの運営管理も承ります。